マカを飲んだけど効かない原因は?

マカを飲んだけど効かない原因は?

マカは非常に栄養価が高く、万能食品のように言われることもあります。しかし、どんなに栄養成分が多く含まれた食べ物や植物でも、実感がわかないということがあります。なぜそんな結果になってしまうのか、マカを飲んでも効かない原因についてお話しましょう。

 

腸内環境の悪さ

 

まず考えられるのは、腸内環境に問題がないかということです。食べたものは小腸で吸収され、分解されてから肝臓へと運ばれます。

 

肝臓では各種成分が栄養源として蓄えられ、必要な栄養が血液を通じて全身へと運ばれます。不要なものは大腸へと運ばれて排泄を待つばかりとなるのですが、腸内環境が悪いと老廃物がスムーズに排出されません。

 

腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のバランスがよくないと老廃物がたまりやすくなります。老廃物がたまり過ぎると有害ガスが発生し、それが血液へと回って血流まで悪くしてしまうのです。

 

そうなれば、血液に乗って運ばれている栄養成分が、体のすみずみにまで届かなくなります。こんな状態になれば、せっかくのマカの栄養も効果を感じられないというわけです。

 

腸内環境をよくするために

 

少しでもマカの効果を高めたいと思ったら、腸内環境を改善すべきです。便秘や下痢を解消するために、まずは食生活を見直して腸にいい食事をするようにしましょう。

 

また、生活習慣も改善すべき点が見つかるはずです。睡眠不足だったり、ろくに運動をしていなかったり、喫煙や飲酒が過ぎたりすると腸内環境は悪化してしまいます。また、ストレスをためすぎるのもよくありません。

 

ストレスを感じないようにするのは無理だとしても、ためこまないように解消を試みればストレスの少ない体になることができるでしょう。それこそ、腸内環境をよくすることにつながるのです。