マカの原産地はどこが良い?

マカの原産地はどこが良い?

マカはもともと、南米のペルーが原産だとされています。古代インカ帝国があったとされるペルーは、非常に海抜の高い土地にあります。

 

今ではペルーに旅行する人も多くなっていますが、高地に旅行するのは高山病に注意する必要があるほどリスクがあります。そんな過酷な環境で育った植物だからこそ、マカには強いパワーが備わっているのです。ここでは、マカの原産地としてふさわしい地域を紹介しましょう。

 

栽培は不可能?

 

マカは、長らく人工的な栽培が不可能な植物だといわれてきました。しかし世界中で植物の研究が盛んになっている今、マカの人工栽培も可能になってきています。

 

日本や他のアジア諸国でも、わずかながらマカの栽培に取り組む人がいます。ただ、やはり栄養面の豊かさでいうと、原産地のペルーで育ったマカの質に軍配が上がります。

 

そもそもマカの栄養は、乾燥して夜間には恐ろしく冷え込む土地環境で育つからこそたたえられます。人間でも、辛い思いをしながら努力した人は高くまでのし上がれる可能性があるといいます。マカも、何とかして成長しようとハードな環境の中で頑張って育つのです。

 

マカの生育環境

 

マカを収穫した畑では、数年から10年にも渡って新たに作物を育てることができなくなるといいます。これは、マカが大地の栄養をどれほど吸い尽くしてしまうかの証拠といえます。

 

どんな生き物でも、土すらも、地球上で生命活動を営んでいます。太陽の光を思い切り浴びることができる南米の高地に比べたら、仮に日本の山中などに栽培地を選んでも、そのパワーは比べ物にならないのではないでしょうか。

 

良いマカ製品を選ぼうと思ったら、原産地をペルー産に絞ったほうがいいでしょう。また、中には契約農場のマカを使っているマカ製品もあり、土作りからこだわっていることもあるため、注目しておくと良いマカを選べます。