マカの副作用、安全性

マカの副作用、安全性

マカは、日本では健康食品の成分として知られています。しかし、原産地のペルーでは、普通に食卓に上る食品として食べられています。

 

日本でいえば、滋養強壮のある大和芋などのような存在に、イメージが似ているかもしれません。そんなマカにもかかわらず、副作用や安全性を心配されることもあります。

 

口に入れるものですから心配になるのも当然ですが、ここではマカの副作用や安全性について正しい理解をしていきましょう。

 

マカの副作用

 

マカには数十種類の栄養成分が含まれているといわれますが、その栄養成分のほとんどが日頃から他の食品でも食べ慣れている成分から成っています。例えば、ビタミン類やミネラル類、アミノ酸などがそうです。
マカの場合、ローヤルゼリーや高麗人参などのように、マカにしか含まれていない特有成分が含まれているわけではありません。しかし、大地の栄養を吸収し尽くしているため、天然の各種成分が幅広く含まれているのです。

 

もしもマカの副作用が出るとしたら、それは特定の栄養成分にアレルギーがあるからなどではないでしょうか。現代には驚くほど多くのアレルギーがあり、そばやピーナッツ、卵、グルテンなど日常的な食品でアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。

 

マカに含まれる特定のミネラル成分などに過敏に反応してしまう人がいても、不思議ではありません。その意味では、マカの副作用が出る可能性がないとはいえません。

 

マカの安全性

 

マカ自体は、原産地の人に日常的に食されているように、とても安全です。ただ、日本でマカを摂取するとしたら、ほとんどが健康食品として加工された状態のはずです。

 

そのため、安全性を危惧するなら、マカの加工方法や加工環境に目を向けたほうがいいでしょう。安全性の高さに万全の注意を払っているマカ製品なら、安心して利用できます。